引越し 時期 値段

引越し時期で値段が大きく違う@できるだけ安くするには

引っ越しする日は決まっているけどあまり時期を考えずに決めてしまった!

 

引っ越し 時期

 

就職、入学、転勤など引っ越しが決まったら、引っ越しの準備をしなければなりませんね。

 

でも、いつから本格的に準備を始めたらいいのかわからない。

 

引っ越しの準備はできるだけ早いほうが良いです。
早くすればするほど、引っ越し料金が安くなるチャンスがあります。

 

引っ越し業者に見積もりを依頼するには、新居の住所が必要です。
ですから新居の住所が決まったらすぐに見積もりを依頼しましょう。

 

ここでオススメなのが、引っ越し業者一括見積もりです。

 

引っ越し 時期

 

一度の情報入力で、複数の引越し業者からの見積もりを取ることが出来ます。

 

1番安い業者にするのか、サービスのいい業者にするのか、比較して決めることが出来ます。
良い引っ越し業者はどんどん予約が入っていくので、準備が遅いほど選択条件が悪くなります。

 

先延ばしはいけません。時は金なりです。

 

他にもいらない家財があれば少しずつ回収ゴミに出しておきましょう。
粗大ごみも自分でリサイクルセンターに持って行けば無料で引き取ってくれる自治体もありますので、確認してみましょう。

 

いらないものもとりあえず新居に持って行こう・・・というのはやめましょう。
その分トラックが大きくなり、スタッフも必要となるので引っ越し料金が高くなります。

 

早く決断することで、引っ越し料金が安くなりますよ。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し

安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

引越し準備の手順

 

引っ越しの準備の悩み

 

新居は決まりましたか。会社の通勤に便利な所や空気のおいしい所などがいいですね。

 

お子さんがいらっしゃるご家庭では、幼稚園?保育園?小中学校?高校等の転校手続きをします。養育者がお子さんの通っている学校に手続きをしに行きましょう。その時必要書類等確認しておきましょう。引っ越しが決まった際にすぐに引っ越し方法の検討、引っ越しの日時を決めましょう。引っ越しが決まった時点で、新?旧大家さんに連絡或は挨拶に伺いましょう。

 

引っ越し業者を頼む場合、見積もりを取りましょう。今ではインターネットの普及でどの業者も一括見積もりに参加していると思いますので、見積書を出してもらいましょう。自分で引っ越しを考えている方は、輸送方法の手続きを取っておきましょう。レンタカー予約や知人からトラック等を借りるのであれば、その旨も伝えておく必要があるでしょう。レンタカーは一ヶ月前からでも予約をとる事が出来ますので、引っ越し日時が決まっているのであるのなら、この時期に予約してしまいましょう。

 

不要品処分、粗大ゴミ処理など要否を決めて必要のないものは処分しましょう。引っ越し業者を頼んだ場合、荷物が少ない事が見積もり金額を安くさせる要因にもなります。自分で引っ越しなされる方は、荷物を運ぶ料金(ガソリン代や高速代、往復せずに済む為)が少なくなるでしょう。粗大ゴミは手間のかかる事ですので、早めに取りかかる事にしましょう。今住んでいる住居の市区町村の粗大ゴミ受付センターへ回収を依頼しましょう。粗大ゴミを出すには、あらかじめコンビニかスーパーマーケットで「粗大ゴミ処理券」を購入し、収集日に名前を貼って出しましょう。家電リサイクル法の対象家電は粗大ゴミとしては出せません。別途専門の業者に引きとってもらう必要が出てきます。まだ、使える家電でしたらリサイクルショップ等で売却する事を考えても良いのではないでしょうか?