引越し 時期 値段

引越し時期で値段が大きく違う@できるだけ安くするには

引越し 値段 最安値

引越し 値段 安く

引越し 値段 見積もり

引越し 値段 比較

 

就職、入学、転勤など引っ越しが決まったら、引っ越しの準備をしなければなりませんね。

 

でも、いつから本格的に準備を始めたらいいのかわからない。

 

引っ越しの準備はできるだけ早いほうが良いです。
早くすればするほど、引っ越し料金が安くなるチャンスがあります。

 

引っ越し業者に見積もりを依頼するには、新居の住所が必要です。
ですから新居の住所が決まったらすぐに見積もりを依頼しましょう。

 

ここでオススメなのが、引っ越し業者一括見積もりです。

 

引っ越し 時期

 

一度の情報入力で、複数の引越し業者からの見積もりを取ることが出来ます。

 

1番安い業者にするのか、サービスのいい業者にするのか、比較して決めることが出来ます。
良い引っ越し業者はどんどん予約が入っていくので、準備が遅いほど選択条件が悪くなります。

 

先延ばしはいけません。時は金なりです。

 

他にもいらない家財があれば少しずつ回収ゴミに出しておきましょう。
粗大ごみも自分でリサイクルセンターに持って行けば無料で引き取ってくれる自治体もありますので、確認してみましょう。

 

いらないものもとりあえず新居に持って行こう・・・というのはやめましょう。
その分トラックが大きくなり、スタッフも必要となるので引っ越し料金が高くなります。

 

早く決断することで、引っ越し料金が安くなりますよ。

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

 

 

引越しの費用と時期の関係

 

引越し 時期

 

引越し業者には繁忙期があります。

 

引越しの繁忙期は3月です。
綿密に言うと2月の終わりから4月の頭までが繁忙期と呼ばれる時期です。

どうして3月が繁忙期なのでしょうか?

 

それは4月の新学期に向けて、引越しする人が3月に集中するからです。

 

大学受験を終えた新大学生や就職活動を勝ち抜いた新社会人は、新学期から新しい環境に飛び込みます。
その準備のために3月のうちに引越しをするのです。

 

さらに日本の企業は全国展開のところが多く、春と秋に人事異動があります。
春の人事異動がちょうど4月をスタートにするため、やはり3月に転勤・単身赴任のサラリーマンが移動します。

 

これに通常の引越しも加わって、3月の引越しは繁忙期となるのです。

 

繁忙期には引越し業者もスタッフを増やしたり、残業したりして何とか仕事をこなそうとしますがそれでも間に合わない日もあり、そういう日は予約を受け入れてもらえないことが本当にあります。
繁忙期の引越し準備は、早めに行ってくださいね。

 

繁忙期は通常期よりも引越し費用が高めに設定されているのも納得です。

 

 

引越し費用を安くする条件

 

引越し 安く

 

できれば引越し費用は安い方が嬉しいですね。他にもいろいろ物入りですものね。
一括見積もりをすれば一番安い引越し業者を見つけることができますが、もっと安くできないものでしょうか?

 

もっと引越し費用を安くしたいのであれば、一括見積もりに申し込む前に引越しをする条件を変えてみませんか?
あなたに出来るものがあれば、もっと費用を安くすることができますよ。

 

まず出来れば3月の引越しは避けましょう。
3月は引越し業者の繁忙期ですから、引越し費用を安くすることが出来ません。
実家からの引越しなら、必要最低限のものだけ先に持って行って大きなものは繁忙期の後に送るなど工夫をしてみてもいいですね。

 

土日祝日、月末月初め、大安なども人気があるので引越し費用が安くなりません。
狙い目は平日です。平日の引越しであれば余裕があるので割引される可能性が高くなります。

 

また午前引越しと午後引越しなら、午後引越しの方が費用が安くなります。
多くの人が朝から引越し作業を始めて、夜には落ち着きたいと思いますから午後からの引越しは人気がないのです。

 

それに午後引越しは予定よりも遅れることもあるので、時間と気持ちに余裕がないとできません。
その分、割引されるチャンスが高いので費用面で言うとオススメです。

 

あとは引越し業者に時間をお任せというフリー便も費用が安くなるのでオススメですよ。

 

 

引越しのオプション

 

引越し オプション

 

引越し料金は人件費や交通費、それにオプション費用が加わったものです。
引越し費用のオプションとは次のようなものです。

 

@エアコンの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管

 

これらのオプションは必要なものだけを選んで、有料で受けられるサービスです。

 

この中で依頼が一番多いのはエアコンの移設です。
エアコンは賃貸の部屋に付いていないところもまだまだ多いので、自分で購入して取り付ける人も多いですね。
自分で購入したものですから、新居にも持って行きたいと思いますよね。

 

しかしエアコンは電気事業者でないと取り外しができませんので、自分で業者を手配するしかないのです。
この場合は電器屋さんになりますが引越し前と後に1回ずつ手配しなければなりませんね。

 

引越し業者であればその必要がありません。
同じくらいの費用であれば、引越し業者にオプションを依頼したほうが簡単なのです。

 

荷物の一時預かりは、リフォームや建替えで一時的に引越しをする方々には嬉しいサービスです。
仮住まいに一軒家分の荷物をすべて入れるには、大きな物件を借りなければなりませんのでとても不経済なのです。

 

引越し業者のオプションは「あったらいいな」というサービスを形にしたものですね。

 

 

引越し準備の手順

 

引越し 手順

 

引越しの手順を知っておくと便利です。

 

<引越しの1カ月前まで>
・現住所の大家さんや管理会社への退去連絡し、駐車場の解約も行う。
・新居を決めて契約する。駐車場も新規契約
・引越しの日程を決めて、相見積もりを取って引越し業者を選ぶ

 

<1カ月〜2週間前まで>
・今すぐに使わないものを荷造りする。
・粗大ゴミの処分や不用品の処分をする。

 

<引越しから2週間〜1週間前まで>
・転出届けの提出、印鑑登録の廃止、など役所関係の書類を提出。
・よく使う物も少しずつ荷造りしていく。

 

<1週間〜3日前まで>
・インターネット、電気、ガス、水道などのインフラの停止手続き
・郵便物の転送手続き

 

<3日前〜当日>
・冷蔵庫の中身を処分し電源を抜く。
・新居への移動方法を確認する。
・新居の掃除を行う。

 

<引越し当日>
・引越し業者への家財の置き場所を指示したり、搬入物の確認
・荷解きと整頓
・新居こ゛近所への挨拶

 

<引越し後>
転入届、転居届、マイナンハ゛ーの住所変更、国民健康保険の加入手続き、印鑑登録、なと役所の手続き。゛
携帯電話や銀行口座、クレジットカード、各種保険、免許証などの住所変更。

 

 

引越し業者への見積もりですが、実は新居が決まってからでないと引越し料金の計算ができません。
エレベーターの有無や駐車場の場所なども引越し料金を左右するからです。

 

ですからまずは新居を探して、決まったらすぐに引越し業者に見積もりを依頼、比較をして条件の良い引越し業者と契約をしておきましょう。

 

不用品や粗大ゴミを処分するのは時間がかかるので、できるだけ早く取り掛かってください。
売る、あげる、捨てるなどの方法があります。

 

市外引越しの場合は転出届など役所関係の書類の提出、インフラの停止や精算、郵便物の転送届を提出します。
そうしたら、いよいよ引越し当日です。

 

引越し当日は荷物や家財の運搬は引越しスタッフにまかせて、家財の配置を指示してください。
あらかじめ先に決めて、紙に描いて貼り出しておくと引越しスタッフも便利で助かります。

 

ただし、貴重品や高級品、現金、通帳や印鑑、大事なデータ、遺影などは自分で管理したほうが安心です。
引越ししたら、空いた時間を見つけてご近所へ挨拶に行きましょう。

 

引越し日から2週間以内に、市外引越しなら転入届、同一市内の引越しなら転居届のいずれかを新居に最寄りの市町村役場に提出します。

 

ほかにも役所関係の書類があれば提出しましょう。

 

あとは銀行や運転免許証など住所変更が必要なもののを変更しておきましょう。

 

 

引越しと粗大ゴミの処分方法

 

引越し 粗大ゴミ

 

いらない家具や家電のひとつやふたつ、長く生活していると出てきますよね。
引越しはこれらのいらないものを処分する大チャンスです。

 

ちなみに1辺が50cm以上あるものや重さが10kg以上のものは粗大ゴミです。
またゴミ収集車うを傷つける可能性がある石油ファンヒータやストーブ、ガスコンロ、電子レンジは大きさに関係なく粗大ゴミ扱いです。

 

これら粗大ゴミの処分方法を知っていますか?
処分の方法は2通りあります。

 

@回収に来てもらう方法(有料)と、A自分で持って行く方法(無料)です。

 

@回収に来てもらう方法
まず粗大ゴミの処理施設に電話で連絡をして、回収に来てもらえる日を予約します。

 

次にスーパーやコンビニで売っている「粗大ゴミシール」を買って、捨てたい家財に貼り付けます。
この粗大ゴミシールは回収手数料であり、捨てたいものの種類によって値段が違います。

 

そして粗大ゴミ1つにつき粗大ゴミシールが1枚必要です。同じ場所に置いておいてもシールのないものは回収してくれません。
あとは指定日時までに指定場所に置いておけば、業者が回収に来てくれます。

 

A自分で持って行く方法
自分で持って行く場合でも電話での予約が必要です。
いつ何時にどんな粗大ごみをいくつ持って行くかを相手に伝える必要がありますので、先にメモを作っておきましょう。

 

予約した日時に粗大ごみの処理センターに持っていきます。
身分証を提示し、粗大ゴミをすてる前と後に車の重さを量り、捨てた粗大ゴミの重さを計算します。

 

自分で持って行く場合(個人の場合)は粗大ごみシールを貼る必要はありませんが、100kgを超えると数百円程度の手数料がかかる場合があります。

 

粗大ごみの処分方法はお住いの自治体によって違いがあります。
詳しい事は役所のホームページでご確認ください。

 

ここで一つ注意すべきことがあります。家電リサイクル法です。

 

家電リサイクル法で定められた家電は処分方法がまた違います。家電リサイクル法に定められた家電というのはエアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機などです。

 

これらを処分したいときは家電を購入した家電量販店でのリサイクル(有料)が必要ですが、もし購入したお店が近くない場合はお住いの自治体の粗大ゴミ処理施設に相談してみましょう。